読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEED TRADE

~ トレードで生き残った先には何が見えるのか ~

セミナーへ参加

先日、東京へセミナーに行ってきた。

数年前からお世話になっている凄腕トレーダーさんの短期売買メインの為になるお話を聞くことができた。

具体的に捉えると兼業の自分では実行できないトレードが多いが、抽象化することができたならさまざまなものに利用できそうなイメージであった。

情報得てから取引までの速度が早すぎる…。将来、専業になったとしてもスピード勝負は挑みたくないと思いましたね…

自分が会社で仕事してる時間帯に、短期筋はどのような情報に触れて、どう思考して、どう取引につなげていくのか。

そのリアルなイメージが湧きました。

また、時間軸や取り組みが違う主体それぞれでの優位性を認識することができたのが一番の収穫だった。

ここには書けないおもしろい裏話もあり。

 

講義終了後の質疑応答で、自分が反応した質問があった。

”ギャップアップは売り優位だと思うのですが、ある著名デイトレーダーさんに質問したときにギャップアップは買いだよと言われたのですがどう思いますか?”という質問。

パッっと聞くだけで、答えが無数にありそうなこの質問。

ある寄り引けシステムを運用しているシステムトレーダーなら、それは売りだね。と言う可能性がありそうだし、

成長株投資してる方なら、それは買いだね。と言う可能性がありそうだし、

そもそも、ギャップアップの定義は?あなたの取引の時間軸は?ユニバースは?イベント?全数検索?テーマ?材料?・・・・

答えがありすぎて、おもしろいですよね。

答えは一つだと思っていた数年前から、一つでないところが面白いと思えるようになっていることに気づいた。


セミナー後は、ビルの高層階で高級料理を食べて飲んでしながら参加者で交流する場があった。

全員と会話することはできなかったけど、いろんな人のいろんな考え方を聞くことができたのは良かったですね。

終盤は酒が入り最後は下ネタばかりで、ふつうに飲み会みたいになってましたが…。笑

 

下の写真は東京についてふらふらしてるときに、地元には絶対無いカッコいい三菱UFJの看板が…

f:id:WEEDTRADE:20161109050334j:plain

ずっと地元で引きこもってると、モチベーションが下がっていくので1年に何回かは交流の場に出ていかないとなと思いました。

刺激をもらってまた再出発します。感謝です。

 

さてさて、いつぶりか分からないくらいにキャッシュ100%の状態、ポジション0です。またすぐ作るかもしれませんが。

6月のBrexitショックから引っ張っていた小型株で含み益がかなり乗っていて、それを利用してポジション大きく増やして年初比+20%から50%程度を狙う自分にしては豪快なポジションを組んでいたのですが、当初の狙いが外れていたようで、撤退。今年最大のチャンスだと思ったけど生かせなかった。

攻めた結果ではあるけど、含み益全部ぶっ飛ばして少しマイナス精算して、改めて思いました。

含み益は幻